ファイル復元費用の相場料金(論理障害)

論理障害として
代表的な症例はハードディスクのパーテーションを誤って開放してしまったり、フォーマットや、Windowsの初期化・リカバリーを行ったことによる、データにアクセスできなってしまうことです


さらには自分で間違った作業をしてしまったケースだけではなく、その他にも色々な要因で論理障害は起こります。代表的な症状としてはパーテーションやディレクトリエラーや消失、ファイルシステムのエラー、ウィルスによるファイルの破壊などがあります。 論理障害の場合、通常、ハードディスクそのものは壊れているのではありません。

また一般的にファイル復元費用は論理障害の場合には、物理障害に比較して安くすむことが多いものです。

ファイル復元費用の相場料金(論理障害)表の前後30%前後の範囲でデータ復旧業者は料金を設定していることが多いと思います。論理障害の場合、復旧したいハードディスク容量で料金が決まるところ多いのですが、中には復旧データ容量や復旧先メディアで料金が決まる業者もあります。

データ容量が数GBであれば、そちらの方がハードディスク容量で決まる業者よりも安く済むことが一般的です。

通常、ファイル復元業者は復旧先メディアがCD-RやDVD-Rといったものが多いのですが、メディア復旧料金が別途発生する業者もあります、中には数千円別途費用が発生する場合があります。

ホームページにあらかじめ、それらの料金も記載されていれば心配ありませんが、電話で問合せをして、初めて教えるような業者は止めたほうが無難でしょう。

尚、論理障害はすぐに復旧できると思われる方も多いと思いますが、重度の論理障害は復旧できる確率が、物理障害よりも低くなるケースもあるのです。それは論理障害の場合、データファイルに直接影響があるためです。

論理障害料金相場