注意!「フォーマットする必要があります」とエラーメッセージが表示されたときは!?

パソコンをしている時に外付けハードディスクやUSBメモリーのフォルダーを開こうとしたら突然、「ファーマットされていません、今すぐフォーマットしますか」、などの警告メッセージが画面に表れてしまうトラブルがあります。

WindowsVISTA以降のOSでは、警告メッセージは「フォーマットする必要があります」に変更されていますが、同じ意味になります。


このようなエラーメッセージが出ている時に操作を続けようとしても、メディアの操作はフォーマットを行なわないとできません。

この状態はUSBメモリーやHDDも同じです。デジカメのSDカードなどでも症状が現れるケースもあります。
このエラーメッセージでは、フォーマットするかどうか、「はい」または「いいえ」という選択項目があるのですが、この段階で、「はい」は選択してはいけません。

データのバックアップ作業をしていない状態でフォーマットを行なうと、保存してあった全てのデータが消去されてしまいます・・・。

消去されても困るデータがなければフォーマットを行なうと、メデイアは使えるようになりますが、結構、多いのが、その時は大丈夫だと思ったけど、あとでバックアップしていなかった大切なデータがあったというトラブルです。

2次災害、人為的な操作ミスにより、ドンドン復旧率は下がり、最悪、データの復元が出来なくなるケースもあるので注意が必要です。

そのため消去されると困るデータがある場合だけに限らず、まずは、フォーマットの選択画面で必ず「いいえ」を選んでください。

また、その他の注意事項としてはパソコンがトラブルを起こしている時に気をつけなくてはならないのが、外付けのUSBメモリーやハードディスクの強制終了の仕方です。

外付けだからブチッと抜けば大丈夫だろうと思うかもしれませんが、パソコンと繋がっている間は大丈夫ではありません。
無理に抜くことでデータを破壊してしまう恐れがあります。

そのため、もしも、このようなトラブルに会い、データが必要な場合には、まずはデータ復元の専門業者に相談をしてみると良いでしょう。