リンクステーション(バッファロー製)のトラブルは深刻。中小企業や個人でもNASの使用が拡大

近頃はパソコンの利用拡大に伴って、大きな企業だけでなく、中小零細企業や家庭や個人なども、NAS(Network Attached Storage) を使用する時代となってきました。

このNAS は、以前ファイルサーバーと呼ばれていたものと基本的には機能は変わらず、複数のコンピュータでデータを共有するための機器ですが、機能を特化しているため、スピードが速く、管理も容易になっています。

日本国内で販売されている代表的なものに、リンクステーション(バッファロー製)、ランディスク(アイオーデータ製)などがあり、いずれもリナックス系のファイルシステムext2を採用しています。

ですから、故障や何らかのトラブルが発生した時には、ウィンドウズ系のOSではアクセスできないと言う欠点があります。
ファイルシステムext2は、NASの管理者がスムーズにメンテナンスできる機能はありますが、まだ、さらに高級なジャーナリング機能(データ変更の際に複数のものを一つのグループとして扱ってメンテナンスする)がありませんので、問題が起こった時に時間を要します。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

ファイルシステム問題

それでメンテナンス時に時間が短くて済む、もっとグレイドアップしたext3 やext4もあるにはあるのですが、ext2は、通常時の処理が高速であるため、まだ使用されています。尚、USBメモリーなどはFAT16やFAT32といったファイル形式がよく使われています。

またハードディスクのパーティションテーブル規格は、現在の所、2つの方式があり、MBR(Master Boot Record)方式と、GPT (GUID Partition Table)方式ですが、最近のようにハードディスクが大容量化している状態では、MBR方式では記憶容量2TBまでしか管理できませんので、NASに使われるような外付けハードディスクには、容量の大小に関係なくGPT方式を使っています。

WindowsパソコンとNAS

NASは、LANなどのようなネットワーク環境で使用するには、大変便利でスピードも速くて良いのですが、いったんトラブルが発生しますと、システムはリナックス系のOSで動いていますので、ウィンドウズ系のOSではどうにもならないと言う欠点があります。Windowsパソコンからはファイルシステムが違うため、直接、認識できないのです。

ネットワークを介している時は、アクセスできるのですが、USBケースなどを通じて、直接認識させても読み取ることが出来ません。

この事をよく認識したうえで、使用して下さい。通常リナックス系OSを使っているとか、いざと言う時のために、リナックス系のOSを使えるようにしてあれば問題確認がしやすいというメリットがあります。