論理障害と物理障害の違い!トラブルによる被害が大きいのはどっち?

パソコンで利用する記録用の媒体には様々なものがあります。例えばUSBメモリー、SDカード、パソコンの内蔵型ハードディスク、USB接続外付けハードディスク、NASタイプのバッファロー製のリンクステーションやテラステーション、アイオーデータ製のランディスクなどが主なものとして挙げられます。

大切な情報は、常にバックアップを取るようにしておけば、仮に何かトラブルが起こってしまったとしても問題はありませんが、データの消失事故はデータのバックアップをしていなかった僅かなタイミングで起こりやすいものです。

そして、そんな時にのトラブルに限って仕事や生活へのダメージは大きいものです。
パソコンやハードディスクの故障の内容は、主に3つの種類に分けられます。

  • 物理障害
  • 論理障害
  • 論理障害と物理障害の複合型

物理障害

ハード面が壊れてしまう物理障害の場合、復旧のためにかかる費用は、比較的高額になってしまいがちです。

しかし例えば、机から落としてしまった外付けハードディスクやPCの場合、例え、ヘッドの異音やモーターが回転しなくなっても、モーター、ヘットの部分を取り除いてダミーのドナーディスクと呼ばれる調査復旧用のディスクを作ることで、データが復旧できる確率は高くなります。人間に例えるなら、移植手術のようなものになります。悪くなったパーツを正常パーツと入れ替えます。

このように物理障害では、その部品を正常なパーツと交換や移植することでデータを復旧できる可能性があるわけです。但し、プラッターと呼ばれるデータを記録する箇所に傷やスクラッチがある場合には、データ復旧の専門業者でも復元することは不可能です。

スクラッチとは所謂、ひっかき傷のようなものです。多くの場合、ヘッドの位置制御不良から、記録面を引っ掻いてしまい、物理的にデータを破壊します。

このプラッター記録面のスクラッチがあるかないかがハードディスク障害が発生した時のデータ復旧が成功するかどうかの成否を決めることになります。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

論理障害

論理障害でも、Windowsのシステム損傷や、ファイルシステムが消えてしまった時などは、割合簡単にデータ復旧することができます。

しかし、一般的にデータ復旧において、論理障害は軽いケースが多いと断言できないのはなぜでしょう?。それは停電や落雷、静電気などの影響によって論理障害が起こってしまった時に原因があります。

例えば突然の停電によってサーバーが強制終了してしまった場合や、USBに静電気が溜まっている状況で接続部分に触れてしまった時など、こういった電気によるトラブルでは、基盤などを物理的に破損してしまう場合と、物理的トラブルがなくても、データを直接破壊してしまう場合があります。

元データが破壊されてしまえば、復元されたデータも破壊されたままです・・・。

特にUSBメモリー、SDカード、SSD(ソリッドステートドライブ)などのフラッシュメモリ型の記録媒体は、電気トラブルに弱い性質を持っており、一度破損してしまったデータは、元に戻すことが困難です。

またUSBメモリーやSDカードでは、電気的なトラブルが発生しなくても、書き込み可能回数に制限があり、それを超えてしまうと正常に作動しなくなってしまうこともあって、最悪のケースではデータが消えてしまうこともあり得ます。元々フラッシュメモリー系の記録メディアは長期のデータ保管に不向きなものなんです。

また、フラッシュメモリー型の記録媒体は、昔と比べて容量が非常に大きくなったため、何かトラブルが起こってしまった際に受ける影響も、とても大きなものとなってしまう傾向が近年、特に増えています。

シーゲイト製、ウェスタンデジタル製などのハードディスクも、数年前と比べても、その容量は500から1,000倍近く増えており、膨大なデータを保存できるようになった反面、何か突発的なトラブルが起こった際に受ける被害も、何百倍何千倍となってしまっています。

機械的に受けた故障ならば、復旧会社への依頼によって復元できる可能性もありますが、データの領域にダメージを受けてしまったものは、元のデータが破損しやすいため、いくらお金を払っても残念ながら復元することはできません・・・。

そのため停電時の対応のための無停電電源装置UPS設備を整えたり、定期的にバックアップすることが非常に重要になってきます。

論理障害と物理障害の複合型

論理障害と物理障害の複合型のトラブルは購入から年数が経っているものほど起こりやすくなります。USBメモリーやSDカード、USB外付けハードディスク、パソコンの内蔵ハードディスク、SSDなどの記録メディアに関わらず、3年以上経過すると物理的に壊れやすくなります。

特にUSBメモリーやSDカード、SSDなどは寿命が短い傾向があります。またこれらフラッシュメモリー系はデータを分散しながら書き込むため、一度、障害が発生するとデータ全体のアチコチで読み取りエラーが発生してしまう傾向があります。

USB外付けハードディスク、パソコンの内蔵ハードディスクは分散してデータを書き込む機能がないため、逆に特定箇所のデータが読み取り不能になるケースがほとんどです。また熱で自己劣化しやすいため、良く使うフォルダだけが読み取れないなどの障害が発生しやすい傾向があります。

また、BUFFALO製のLINKSTATIONなどのNAS系では、RAID機能が備わっているモデルがありますが、2台中1台が故障したりすることで、RAID0のストライピングRAIDが崩壊し、データにアクセスや読み込み書き込み不良になるケースが良くあります。

バックアップ機能を過信すると痛い目に

このように記録メディアの種類に寄らず、劣化するため常日頃のデータのバックアップが大切です。バックアップ機能として有名なところではRAID(レイド)があります。

NASタイプのバッファロー製のリンクステーションやテラステーション、アイオーデータ製のランディスクなどにはRAID0、RAID1、RAID5、RAID6、RAID10などの機能がありますが、このRAID機能は、実は停電や落雷などの事故やウィルス感染などが起こったときはデータ領域が改変、損傷してしまうケースでは全く意味を成しません。

また内蔵ハードディスクのメーカーや製造年月日が同じなことが一般的なので、1台が壊れて放置していると次々にその他のハードディスクも故障する傾向があるので特に注意が必要です。

やはり人間の手できちんと定期的にバックアップを取ること、そして最低でも3年に1度、出来れば1年に1度は時期に応じてハードディスクの交換をして、データの完全コピーを行うことがイチバンだと言えるでしょう。

障害発生割合と復旧成功率

障害発生割合は大まかに云えば、記録メディアによらず、大体、論理障害30%、物理障害70%といった感じです。

そして物理障害でのデータ復旧率は一般的に70%、論理障害のデータ復旧率も大体70%くらいが相場です。

つまり10台の故障記録メディアがあった場合、3台が論理障害で2台が復旧可能。

残り7台は物理障害で約5台の復旧が可能。おおよそ3台は何らかの理由で復旧不可能な状態になります。

10台中3台は、データそのものが損傷しているか、データが乗っかっている場所そのものがスクラッチ障害(傷)が発生しているため、復旧できないことになります。これは、パソコンや記録メディアがもつ宿命といえるかもしれません。

どんな復旧率の高いデータ復旧業者でもこのスクラッチ損傷が発生したハードディスクの復旧は残念ながら出来ません・・・。

データ復旧成功率は高い業者の方が良いに決まっている!?

このデータ復旧成功率70%は非常に重要な意味を持ちます。70%以下でも問題ですが、逆に70%以上のデータ復旧成功率を謳う業者も要注意です。

データ復旧成功率を70%以上にするためには、依頼品そのものを選別するか、お客さんを選別するしか他に方法がないからです。

『データ復旧成功率は高い業者の方が良いに決まっている!!』そんな風に思っているあなたはデータ復旧業者選びで大きな間違いを犯すかも!?