パソコンやハーディスクの寿命とトラブル事例

HDD寿命

記録メディアによって、良く起こりがちなトラブルの内容が違うように、パソコンも経過年数によって、起こり得るトラブルは異なってきます。

パソコン購入後、3年以内であれば、OSやMBRのシステムトラブル、いわゆる論理障害が起こりやすく、特に理由なく起こる場合と、操作ミスなどの人為的なことが原因となって起こる場合とがあります。

中でも多いのが、大事な情報を誤って削除してしまうというケースです。そして、削除してしまったことに気付かずに、ごみ箱を空にしてしまったり、OSに必要なファイルを削除してしまって、ウィンドウズが動かなくなってしまうということが、よくありがちな事例として見られます。

ハードディスクの寿命

また、その他に多い人為的にトラブルとして、コーヒーやジュースを飲みながらパソコンを使っていて、うっかりキーボードの上にこぼしてしまったり、机上などからノートパソコンを落としてしまうことが上げられます。

これらは、新品パソコン購入後3年以内に多い人為的トラブルなのですが、3年を過ぎると、今度は物理的なトラブルが起きるケースが徐々に増えてきます。

特にハードディスクは、購入後3~4年経過後に故障することが多くなっているのです

ハードディスクの寿命は、一般的に4年程度と言われており、大事なデータを守るためには、最長4年ごとにハードディスクの交換をするべきです。

パソコンを買い替える目安

個人でも企業でも、今やパソコンはなくてはならない必需品であるため、万全の体制を敷いて、トラブルが起こらないように事前に対処することが重要なのです。

なお4年以上が経って、ハードディスクに問題がなかったとしても、今度は液晶やメモリー、マザーボードなどが壊れるリスクが高くなるため、パソコンを買い替える目安としては、5年程度だと考えておくと良いでしょう。

また最近は、バッファロー製リンクステーションやテラステーションに代表されるように、RAID機能が付いているものがあります。

このRAIDとは、ハードディスクの容量が今ほど大きくない頃に作られたものであり、思っているほど障害への耐性があるわけではないのにも関わらず、RAIDを過信するあまり、深刻なトラブルとなってしまうケースが多いのも事実です。

特にRAID5などで、その傾向が強くなっているため、RAID5よりも、複数サーバーをRAID1のミラーリングで作り上げた方が、より障害への耐性は上がるはずです。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

良くあるストレージのトラブル

外付けのハードディスクにおいても、内蔵型ハードディスク同様、4年経過後に故障する確率が高くなっていますが、それ以外に、停電や落雷によるトラブルも多くなっています。

また、ノートパソコン同様、落としたり倒したりして、モーターやヘッドが壊れてしまった、というトラブルも良くあります。

外付けハードディスクを使用する場合には、横向きに置くなど、置き方に工夫をして、倒れたりた落としたりすることのないよう、十分に注意を払うべきです。

その他に起こりやすいトラブルとしては、USBメモリーやSDカードといったフラッシュメモリー類は、秋冬といった寒い季節に故障がしやすくなっているということが上げられます。フラッシュメモリーの使用時には、静電気に注意するようにしましょう。

以上が、パソコン利用時に起こりやすいトラブルであり、常にキチンとバックアップを取ってあれば、データが消えてしまっても、最悪の事態にはなりません。しかしバックアップを取っていなかった場合には、大事なデータが復元できなくなる恐れがあります。

このような時は、自分では何もいじらずに、早急にデータ復旧サービス会社に連絡をすることがイチバンです。

NAS(RAID)のトラブル回避!!

最近はパソコン一台あると、仕事はもちろん銀行や為替の取引などライフスタイルにあった快適な生活を送ることができます。

しかも、スマホ・タブレットも外出先からネットワーク対応ができるようになり、ますますデジタルライフが多様化されていきます。

特にリンクステーション(BUFFALOバッフォロー)の役割は外出先からのデータのやり取りが簡単になっただけでなくスマホの写真や動画・音楽のバックアップなども便利になっています。テレビやスカパーなどのハイビジョン録画も従来の製品に比べたら鮮明になり、ますます周辺機器の役割が進化してきました。

NAS(ナス)利用者は企業に関わらず最近では一般家庭においても広がりを見せています。

そもそもNAS(ナス)はNetwork Attached Storage(通称ナス)と呼ばれているバッファーロー製のリンクステーションやテラステーションなどに代表されるネットワークでLANに直接接続するHDDのことです。

手軽にホームネットワークにつなげる事のできるNASやRAIDが今は各家庭で人気があります。ファイルサーバーにアクセスすると外出先からもアクセスできるので、事務所や会社・自宅にデータを忘れてきても気軽に取り出すことができます。

NASはトラブルが発生すると厄介

しかし、NASに何らかの不具合が生じた場合、Windows系のOSからはアクセスが不能になる恐れがあります。リナックス系のファイルシステムのExt3やExt4などのファイルシステムです。

このHDDのパーティションテーブルの規格には「MBR」方式と「GPT」方式の2つの規格が採用されています。パソコンのHDDもどんどん大容量化される一方で「MBR」の管理が追い付いていないのもトラブルを深刻化しているようです。

そのため、NASなどのリンクステーションの外付けのHDDでは大容量でも処理できる「GPT」保護パーティションが使われています。それでも便利になった分、トラブルの深刻化が懸念されます。