usbメモリが認識しないトラブルとデータ復元

USBメモリーが認識しない

USBメモリーがパソコンで認識できなくなった・・・。マイコンピュータでの容量表示がおかしくなった。USBメモリーをパソコンに挿すとOS側から「フォーマットする必要があります。今すぐフォーマットしますか?」などのエラーメッセージが表示される。

USBメモリーは小型で持ち運びもしやすく、データ保存容量もある程度あるので、便利なのですが、ある日、突然使えなくなるケースがあります。

USBメモリーのトラブルは主に3つあります。

  1. 認識エラー
  2. 容量表示エラー
  3. フォーマットエラー

USBメモリーのトラブルは一見、ハードディスクのような機械的なドライブよりも軽度障害のように感じますが、実はどれも非常に厄介な故障です。

というのも、HDD(ハードディスクドライブ)と違い、記録方法が電気的なため、ちょっとした故障がデータの消失や損傷に直接、繋がるためです。元々、スマホを始め、デジカメやビデオカメラはバッテリー駆動なため、電気的に不安定です。バッテリーが突然、切れたりすれば、記録メディアには少なからずダメージが蓄積します。落としたり、衝撃を与えても、壊れにくい構造ですが、電気的なトラブルには弱いのです。

usbメモリのデータ復元方法

パソコンで認識しない場合、ICチップの故障が疑われます。その場合、個人でのデータ復旧は出来ません。

但し、「フォーマットする必要があります。今すぐフォーマットしますか?」といった、論理障害の可能性がある場合には、データ復元ソフトで復旧できる可能性があります。元データが破壊されておらず、データチップが正常であれば、データ復元ソフトでも対応可能なケースがあります。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

尚、データを削除した覚えがないのに、ある日、突然にデータが消失している場合、電気的なトラブルの可能性があります。このような電気的な障害はUSBメモリーだけではなく、SDカードやスマホなどで多く使われているmicroSDカードでも同様に発生しやすい故障です。

その場合、専門のデータ復旧業者でも、データ復元ソフトでもデータが破損、消失しているので、復旧が出来ないケースがほとんどです。尚、SDカードやmicroSDカードと比較してUSBメモリーはまで復旧できる可能性があります。それは、USBメモリーは、コントロールチップとデータチップが分かれているケースがあるからです。但し、最近のUSBメモリーは基盤が一体型なものが増えているため、分解してみなければコントロールチップとデータチップが分かれているものなのかどうかが分かりません。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

関連記事
ファイル復元ソフトは有料、フリー問わず危険
データ復元ソフトは危険!?データが無くなる危険性があるってホント?

usbメモリの種類

USBメモリーの分解図
まずは、同じように見えるusbメモリにも種類があることを覚えておく必要があります。USBメモリーには主に2種類のタイプが存在します。

① COB(Chip On Board)基盤一体型
② コントロールチップとデータチップの分離型

このCOBとは英語の「Chip On Board」の略称です。「基板上に直接あるチップ」と日本語訳できるかもしれません。実際、COBはICチップをパッケージに加工することなく、直接、基板上に取り付けて回路パターンと接続する高度な技術です。

小型化、軽量化しやすいメリットがある一方で、チップの損傷が直接、データの損傷に繋がりやすいデメリットが存在します。

それに対し、一般的な「コントロールチップとデータチップの分離型」はコンロールチップとデータチップが基盤上で分離しており、耐障害性が高い特徴があります。また購入価格もCOBに比較して、同容量なら割安です。

COBメモリの種類

COB型のUSBメモリ以外にも同様な技術で制作されているものがあります。

・micro SDカード
・mini SDカード

「micro SDカード」や「mini SDカード」はアンドロイド系のOSを使っているスマホ携帯で良く利用されている外部メモリーです。

また、COBではありませんが、同じフラッシュメモリー系にはiphoneやipadなどに使用されているeMMCやSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)などがあります。故障やトラブルの事例は構造上、USBメモリーとほぼ同じになります。電気的にデータの読み書きを実施しているため、構造上、電気障害に弱いのです。

関連記事
eMMC内蔵のノートPCが起動しません。データ復旧可能でしょうか?

usbメモリを認識しない

usbメモリを認識しない
COBメモリが認識しない場合と一般的なUSBメモリが認識しなくなった場合、障害の程度は大きく違います。

というのも、一般的なのUSBメモリーがパソコンで認識できなくなった場合は、基盤からデータチップだけを取り外してデータを復旧することが可能です。

ですが、「micro SDカード」や「mini SDカード」を始め「COBタイプのUSBメモリ」が認識できなくなった場合はデータ復旧が困難です。そもそも基盤からICチップを簡単に取り外すことが難しい構造のためです。復旧できても、データ破損率が高いため、通常、無料で初期調査を実施している業者でも有料となるケースがあります。

usbメモリのデータ復旧費用の相場

論理障害と物理障害では復旧費用が2倍以上違うことが一般的です。COBかどうかで費用が変わりますが、通常のUSBメモリは5cmほどですが、それ以上に短い場合、例えば1、2cmの場合、ほとんどがCOBタイプのUSBメモリーなケースがほとんどです。フラッシュメモリー系は、データ保存可能容量をハードディスクなどと比較すると非常に少ないのですが、復旧費用は高くなります。

そのため、usbメモリにだけ原本ファイルを保存していると非常に危険です。

usbメモリのデータ復旧費用
論理障害 物理障害
30,000円前後 70,000円以上

COB(Chip On Board)メモリのデータ復旧費用の相場

データ復旧費用
論理障害では、COBとそれ以外との差はほとんどありません。
但し、物理障害の場合は同じ物理障害でも2倍以上の差があります。

また、COB(Chip On Board)メモリのデータ復旧サービスの多くは、調査費用が有料になるケースが一般的です。標準的なデータ復旧サービス会社では2万円ほどですが、悪徳業者の場合、10万円近くボッタくる会社もありますので注意が必要です。復旧できるなら仕方ないかもしれませんが、悪徳業者の場合、復旧できても、出来なくても検査費用が10万円以上な会社があります。成功報酬費はさらに別になっています。

COBメモリ系のデータ復旧費用
論理障害 物理障害
30,000円前後 150,000円以上

usbメモリのフォーマット形式

USBは(Universal Serial Bus)の略称です。USBメモリはWindows 2000以降のウィンドウズOSであれば,パソコンに挿入すると自動認識し使用可能になります。

USBフラッシュメモリは通常、専用のドライバを必要としません。メーカー出荷状態で、利用者がすぐに使えるようにフォーマットされています。ファイルシステムとしてはFAT (FAT16),FAT32,NTFS,exFAT の4種類があります。

USBメモリのファイルシステムとしては商品の製造年月日や容量によっても違いますが、NTFS以外のFAT (FAT16)、FAT32、exFATが使用されているケースがほとんどです。

usbメモリのフォーマット形式
FAT16 FAT32 exFAT

usbメモリが認識しないトラブルのまとめ

  • USBメモリーのトラブルには「認識エラー」、「容量表示エラー」、「フォーマットエラー」の主に3つ
  • 論理障害の場合、データ復元ソフトで復旧可能なケースも
  • USBメモリには、COBタイプとチップ分離型の2種類
  • 「micro SDカード」や「mini SDカード」もCOBタイプのフラッシュメモリー
  • USBメモリの論理障害と物理障害ではデータ復旧費用が2倍以上違う
  • COBメモリのデータ復旧サービスは調査費用が有料なケースがほとんど
  • COBメモリの物理障害のデータ復旧費用は15万円以上も
  • USBメモリはパソコンに挿入すると自動認識する
  • USBメモリのファイルシステムは、FAT (FAT16)、FAT32、exFAT