「詳細ブートオプション」で前回正常起動時の構成でWindowsを起動させる

詳細ブートオプション

「前回正常起動時の構成」は、最後に正常に起動したシステム設定に戻してパソコンを起動する機能です。パソコンの設定変更後に、パソコンが正常に起動できなくなったトラブルが発生した場合に主に使用します。

但し、利用できるのは、ハードディスクやSSDが正常に動作しているケースだけです。ハードディスクが物理的に故障している場合には、「詳細ブートオプション」が表示することが出来ないので「前回正常起動時の構成」だけではなく、「セーフモード」で起動させることも不可能です。

何らかの周辺機器を接続してから正常に起動しなくなった場合は、キーボードとマウス以外の周辺機器を外してから、前回正常起動時の構成で起動を行ってください。

慌てて悪徳データ復元業者に依頼する前に

知っておきたいデータ復元業者で今おすすめな会社はどこ?

記事の目次

操作手順

Windows 7や8などでは「前回正常起動時の構成」でパソコンを起動するには、以下の操作手順を行ってください。

  • パソコンが起動しており電源がONの場合は、電源をシャットダウンします。
  • キーボードの「F8」キーの位置を確認後、パソコンの電源をONにします。
  • 「パソコンメーカー」のロゴ画面が表示されたら「F8」キーを連打します。この連打はタイミングが合わないと次のステップに進まないので、ここで失敗した場合は、電源を切り、もう一度、再起動させてチャレンジします。

キーボードのF8キー

  • キーボードエラーなどが出てうまくいかない場合は、「メーカーロゴ」のロゴが消えた直後に「F8」キーを何度か押します。
  • 「詳細ブートオプション」が表示されたら、「前回正常起動時の構成(詳細)」を選択し、キーボードの「Enter」キーを押します。
  • この画面ではマウスは使用できません。カーソルの移動は、キーボードの右下の方にある矢印キーである「↑」キーや「↓」キーなどの矢印キーを押しながら操作します。
  • 「Windowsを起動しています」と表示されるので、しばらく待ちます。
  • 最後に正常に起動した設定で、パソコンメーカーごとのロゴが表示後、Windowsが起動します。

パソコンのメーカー別ロゴマーク

補足

Windowsロゴが表示され、通常どおりに起動した場合は、手順1から再度操作を行います。それでも起動できない場合は、「詳細ブートオプション」で「セーフモード」を選択し、正常に起動できるか確認してください。

※ 一番最後に正常に起動した後に行った操作、各種プログラムのインストールや無線やプリンターなどの周辺機器のドライバーの設定情報は失われているため、必要な場合は再度設定を行う必要があります。